top of page
  • X
  • miyagawasetz

診断を受けるとき用意しておくと良いもの3つ!

更新日:3月29日

こんにちは、リベルテの宮川です。



今日はせっかく1対1で診断を受けていただく時間を充実したものにしてお帰り頂きたいので

診断を受けていただく時に用意しておくと良いものをご紹介します!




1...好きなブランド


好きなブランドはいくつか挙げていただくと同じ系統のものでご提案をしやすかったり、買うと良いアイテムのご紹介がスムーズです!



お客様の好みを把握してアドバイスが可能なのでぜひ思い当たるものがあればお伝えください^^


ちなみに好きなブランドで他のお客様が挙げられるのが多いものは


服だとユニクロ、GUなどのファストファッション、コスメはキャンメイクやエクセルなどのプチプラが多めです♪






2...最近買おうと思っているアイテム


次のシーズンのアイテムや、お高めなアイテムなど自分で判断するものが難しいアイテムはスクリーンショットなどで見せていただくとご提案がスムーズです!


オーダースーツや成人式の振袖やウェディングドレスのご相談、ボーナスで買おうと思っているハイジュエリーやブランドバッグなどのご相談も多数です☆






3...クリアのコンタクトレンズ


これはパーソナルカラー診断を受けるお客様は絶対にあったほうが良いです!!!


パーソナルカラー診断は鏡の前に座って顔色を確認して頂きながら診断しますが、その際メガネは外して行います。


視力が低い方は鏡と距離があるため顔色の変化がわからず「何が変わっているのかわからない...」と似合うものの実感ができずに終わってしまうパターンもあります(泣)


クリアのコンタクトレンズは楽天やyahooショッピングなどのネット通販で1日分や3日分などの少量販売もしているので、普段はメガネの方も診断時だけでも使用をおすすめします!

(カラコンは診断に影響があるのでNGです)


しっかり準備して診断を楽しんでくださいね☆




 






閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

対面じゃないとわからない骨格診断のほんと。

こんにちは、リベルテの宮川です。 骨格診断をするときは服の上からお体を触るのですが、 これで何を診ているのかというと肌の質感です。 骨格診断では肌の質感がかなり重要になります。 なぜなら肌の質感は似合う服の質感と直結するからです。 肌がふわふわで柔らかければチュールや薄手のレースなど柔らかい素材が似合う 肌にハリがあって筋肉質であればジャージー素材やレザーなどが似合う 肌が乾燥気味で骨張っていれば

Comments


bottom of page